文系プログラマーが受ける期待

プログラマーはプログラム開発において中心となって働くことになる人材であり、その仕事においては必要とするシステムが大きく複雑になるほどにプログラマの個性が生まれてきます。

そのため、同じ仕様書をもとにプログラミングを行っていっても、それを行った人材によって全く異なる構造のコーディングが行われることになるのも珍しいことではありません。そのどれが最適であるかも何に重きを置いて考えるかによって異なることが多く、プログラマーの人数だけよいプログラムが生み出されるという傾向があります。

その個々のプログラムに違いが生まれるという点においては、それまでに経験してきた仕事や受けてきた教育といったバックグラウンドの違いが大きな影響を及ぼします。そのため、現場によっては文系の人材が重宝され、そのバックグラウンドの違いによって理系の人材とは異なる発想によるプログラムを制作することが期待されることもあるのです。

そういった期待を寄せられて仕事ができるのが文系としてプログラマーになることの魅力です。IT行界の人材として圧倒的多数を占めるのが理系の出身者であり、特に情報技術について大学で学んできたという点において同じような経歴を辿っていることがほとんどとなっています。そのため、典型的なプログラミングの考え方を体系的に習得していることから、その枠組みから外れた仕事をするのが難しいことも多く、後からプログラミングを学んだ人材が重要視される傾向が生まれてきているのです。

そのため、システム構築の求人・案件において文系出身のプログラマを歓迎する企業も増えてきています。文系だから活躍は厳しいかもと諦めている方は、ぜひ「文系プログラマーズCafe」を参考に文系ならではの強みを積極的にアピールしてもらいたいと思います。

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*