文系プログラマーの定年までのキャリア

仕事で有利な立場に立って収入を増やしていくためには、キャリアアップが必要です。定年までの限られた時間の中で、いかにキャリアアップを進めていくかが重要な課題です。キャリアアップの道を事前に決めておけば、仕事ではっきりとした目標を持つことができます。

文系出身のプログラマーとしては、そのように仕事を選んでいくべきであるかが課題です。理系出身者に比較すると、理数関連の知識や技術でどうしても不利な立場になります。そのため、文系で培ってきた知識や経験を活かすキャリアアップの計画を立てたほうが、有利に仕事を続けることができると言えます。文系プログラマーとして、定年までにどの程度上までチャレンジすることができるか、それはアイデアを出していくということがポイントになるでしょう。

たとえ理系でなくとも、上手にキャリアを選んでいけば、不利になることはありません。しかし、理系に比べるとまだ過去の例が少ないため、参考になる情報が少ないという問題はあります。業界の現状を把握し、どのような人材が開発現場で求められているかについて考察すれば、取るべき方向性が分かってきます。自らがパイオニアとして新しいキャリアの道を開けば、理系以外の出身のソフトウェア開発のエンジニアにとっても、出世に明るい道を見い出せます。

定年までに選ぶことができる仕事のキャリアを考えることで、仕事に張り合いを持つことができると共に、収入アップや能力向上といった各種さまざまな効果を実感することができるといえるでしょう。

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*